スポンサードリンク

2009年03月20日

契約社員が退職をして失業保険をもらうためには雇用保険に加入していて、1年以上その企業に雇用されていたなどの条件を満たす必要があります。

契約社員の全労働者に対して占める割合は2.3%程度ですが、企業で見ると契約社員を雇用している割合は10%を超えています。
契約社員と正社員の違いと言えば、正社員が期間を定めないで定年まで働くことを前提としているのに対して契約社員は1年など期間ごとの契約になります。

ただし、契約社員として働く場合には採用の際にしっかりと契約書を確認しておかないと自分の希望とは違ったなどのトラブルにもなり得ます。
契約社員のデメリットには、会社が不景気の場合には正社員よりもリストラされる対象になりやすい点があげられます。
契約社員は社会保険に入れないようなイメージがありますが、そんなことはありません。2ヶ月以上の雇用期間があれば加入可能です。
契約社員にボーナスを支給しているかどうかはその企業によります。ただし、支給している場合でも正社員ほどの額ではないことが一般的です。
さて、契約社員の場合でも正社員と同じく労働法が適用されるため、中途の退職は可能です。ただし、就業規則や契約書にある手順を踏みましょう。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員募集の広告はネットでも簡単に見つけることができます。職種や就労条件などで検索をしてみましょう。
契約社員の面接を受ける際のスーツはダークスーツが無難です。ストライプなどのシャツを合わせればリクルートスーツに見えることもないでしょう。
契約社員として採用された際には、自分のキャリアやスキルをアップするチャンスですから精一杯仕事をする自覚が必要です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員で退職 at 19:00| 契約社員を退職した場合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

契約社員で退職しちゃいました!退職 後の保険は!? TOPへ
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。